瀬戸内ツアー報告

海図の使い方の基本は折ってはいけないことです。

瀬戸内海ツアーを開催いたしました。
瀬戸内海でも岡山県よりの直島諸島、牛窓、日生諸島を漕ぎました。

この時期は北西風が強い日が多く、土日は風を避けながら直島付近と、日生諸島の頭島周辺を漕ぎました。
時折雪雲が流れてきて吹雪になることもある中、皆さんしっかり漕いでいました。やはりこの時期の水は冷たかった。上陸する度に焚火で温まりました。

天気は晴れ予報で午前は良かったのですが。。
雪雲が流れてきて吹雪に。
皆暖かいところに自然と集まる。
風があっても様々なルートを組めるのが瀬戸内の良さ。

2日目も風がありましたが頭島から風を避けながら、風に乗っていくルート。水路では潮流もあり波立つところもありみんなでフェリーグライドの練習も行いました。

平日組は、牛窓周辺の前島に行きました。

潮の満ち引きで現れるヴィーナスロード。
うねりはないけれど入り組んだ海岸線が楽しい。

平日の宿は牛窓のくろしお丸さん。
カヤックのガイドとしても大大先輩。ペンションにはご主人の旅の跡がそこら中にあり入っただけで興奮してしまいます。一日では話足りない。また行きましょう。

くろしお丸さんの美しい朝食。

2日目は土曜日に行けなかった直島へ。

直島の煙突

直島周辺は大型船の往来が多く、潮流もあるので注意が必要でした。

この凪な感じが勝手な瀬戸内のイメージ。
直島へ上陸し現代アートを鑑賞しました。

4日間通しとても濃いツアーになったと思います。
やはり新しい場所は刺激的でこれからも様々なところへツアーを開催したいと思います。
今回は横須賀のコアアウトフィッターズの武田さんと
牡鹿半島のなかのカヤック中野さんと一緒に行いました。

コアアウトフィッターズの武田さん。何をしているのでしょう。
手を広げているのが中野さん。女性1人で営業するタフなガイド。

私1人でツアーを行うのではなく、若い?世代で一緒に行うことで参加した方々のフォローを多くでき、ガイド同士のスキル向上にも繋がったと思います。なによりさらに楽しくなる!というのが一番でしょうか。
またこのような混合ツアーを行っていきます。
今年、なかのカヤックさんのお膝もとの牡鹿半島と松島周辺でツアーを計画します。美味しいもの食べに行きましょう。